What is Mark Making ?

 

Mark Making(マークメイキング)とは…。

 

小難しいアート用語のように思えるかもしれませんが、マークメイキングとは、とってもシンプルなのです。

筆で絵具をキャンバスに付けたり、鉛筆でただのラインを描いたり、それがマークメイキングなのです。
アートの基本要素となるラインを使って、マークを作っていくのです。

つまり、いろいろな種類の線や、それらを集合させて作ったパターンや、テクスチャーのことを指します。

 

 

 

どんなものへ描いていくの…。/基底材は何をつかうの…。

 

キャンバス・洋紙・木製パネル・和紙・布など、描けるさまざまなものを使うことができます。

絵の具を使ってキャンバスへ描いたり、鉛筆をつかって紙に描いていったりもします。

また、それだけでなく、いろいろな材料を使っていろいろな物へ描いていくこともありです。

例えば、一枚の紙に、鉛筆で点を描き、ペンを使ってラインを描き、らせんを絵の具で描く、これらすべてがマークメイキングです。

 

 

 

どんな道具を使って描くの…?。

 

鉛筆・ペン・マジック・筆などの筆記具はもちろん、オリジナルなラインを描けるように、下記のような道具を作ることもあります。

 

 

 

 

どんな種類のマークメイキングがあるの…。

 

点から始まり、ラインになり、ラインがたくさんある縞模様のパターンになり、それが幾重にも重なりテクスチャーになるので、無限に作ることができます。

また、使う道具によってもかなり雰囲気が違ってきます。

 

 

 

—————–

 

 

 

 

 

 

 

 

実際にどんなもの…。

 

マークメイキング

 

  これら4つとも墨を使っています。左上から時計回りに説明します。

  左上: ラッピングで使われていた紙テープを束ねて麻ひもで留めたもの。

  右上: 植物のアロエの葉先を乾燥させたもの。

  右下: 麻ひも

  左下: 楊枝の束。

 

 

ツール/道具。

 

 

 

どんなものへ描いていくの…。/基底材は何をつかうの…。

 

 

 

どんなものへ描いていくの…。/基底材は何をつかうの…。

 

 

 

どんなものへ描いていくの…。/基底材は何をつかうの…。

 

 

 

 

A dot made with a pencil, a line created with a pen, a swirl painted with a brush, these are all types of mark making. 

Mark making can be loose and gestural, or structured and controlled such as hatching. Most artists work with a variety of marks in every painting, but there are some styles, such as Pointillism, where just one type of mark is used.

It is easy to think of a mark as a building block for whatever you choose to create:

  • A single mark creates a dot.
  • An extended mark becomes a line.
  • A cluster of marks become a shape .
  • A series of repetitive marks become a pattern.

Marks can also be splashes and drips as seen in Jackson Pollock’s work or they can be scratches in a potter’s glaze.

Abstract, realist, impressionist, and every other style of artist uses marks.

 

 

マーク・メイキング:mark making
「Mark」の訳語としては「しるし:印・記・徴・験・標」と日本語では様々なアスペクトがある。ここでは「しるし」を描くことが「Making:つくる」ことの終わりではなくそこから引き出す行為として、Drawingの営為に通じるものとして関係している。一回かぎり記されたものが、未だ来ぬものを兆す徴となるように、開くこと。
点、筆触、ストローク、テクスチャー、波形、反復etc。手の運動の痕跡からその固有の刻印をほどいて、言語にも匹敵するような線にまつわる文法や表現方法のパターンを取り出そうとすること。その際、これまでの認識や様々なカテゴリーの更新の冒険に賭けるような試みが現在期待される。

例):テート・モダンの試み
作品の鑑賞教育の拡張的なラーニングプログラムとして、オンラインでフリーにアクセスできるリソースを提供している。絵画の理解の枠に限らず、人の感情や3D空間、音との変換関係など多様な応用可能性が試みられている。
https://www.thoughtco.com/how-does-mark-making-affect-your-paintings-2577630

 

 

 

 

Mark Making/マークメイキングという単語を聞いて、小難しいアート用語のように聞こえるかもしれませんが。

Mark Making/マークメイキングとは、とってもシンプルで簡単なことなのです。

 

筆が紙にあたり、小さな点模様を描いたり。
鉛筆が転がり、紙に意図していない線がついたり。

時間を持て余し、無意識にイタズラガキをする。

 

これらすべてが、Mark Making/マークメイキングなのです。

どんな種類のアートをする上でも、Mark Making/マークメイキングが基となります。
アートする上で、キャンバスへのペインティングや、紙のデッサン画だけでなく、さまざまな画材を使って、さまざまな表面上に作り出される、ありとあらゆるさまざまなライン、パターン、テクスチャーのことを指す。
鉛筆で点を描いたり、ペンで線を描いたり、筆をうずまきを描いたり。
これらは、あらゆる種類のMark Making/マークメイキングなのです。

 

Mark Making/マークメイキングの基礎要素とは…?
  • ひとつのMark/印は、Dot/点になる。
  • Mark/印が延びると、Line/ラインになる。
  • Mark/印の一群は、Shape/カタチとなる
  • Mark/印が一連の繰り返しをすると、それはPattern/パターンとなる。
抽象画家・写実主義・印象派、そしていろいろなアーティストがMark/印を使って、アートを創り出している。

Mark making is a term used to describe the different lines, patterns, and textures we create in a piece of art. It applies to any art material on any surface, not only paint on canvas or pencil on paper. A dot made with a pencil, a line created with a pen, a swirl painted with a brush, these are all types of mark making.

Mark making can be loose and gestural, or structured and controlled such as hatching. Most artists work with a variety of marks in every painting, but there are some styles, such as Pointillism, where just one type of mark is used.

It is easy to think of a mark as a building block for whatever you choose to create:

  • A single mark creates a dot.
  • An extended mark becomes a line.
  • A cluster of marks become a shape .
  • A series of repetitive marks become a pattern.

Marks can also be splashes and drips as seen in Jackson Pollock’s work or they can be scratches in a potter’s glaze.

 

Abstract, realist, impressionist, and every other style of artist uses marks.

Mark /印はどのように使われているのか…?

HOW ARE MARKS USED IN PAINTING?

Marks are not just used to form the pictures that artists create, they are also used to add expression to the work. Some marks may express movement while others express stability and strength.

Artists can use slashes as marks to express anger or curves as marks to express calm or peace.

Marks can be descriptive, expressive, conceptual, or symbolic. They may be bold and clearly state the intention or they may be so subtle that the concept is only perceived by the viewer’s subconscious.

As you study art, you will notice that artists often develop a style that is based on their signature marks. Both Pablo Picasso and Wassily Kandinsky used solid lines and distinct shapes in much of their artwork. Yet, despite the fact that they used the same style of mark, the two artists have distinctly different styles. Even their paintings that have more flow and less of the Cubist influence incorporate their distinct marks.

Vincent Van Gogh has one of the most distinct marks in the art world. You can see this in paintings like “Starry Night” (1889), which is filled with swirling brush strokes that became a signature to his style. In works like “The Bedroom” (1889), the marks have less curve, but each brush stroke is still distinct and we can recognize it as a Van Gogh.

Henri Matisse is another painter with distinct marks and an almost immediately recognizable style. If you see a painting with blended but almost splotchy color, distinct shadows and highlights, and lines that have a refined sketchy look, it might just be a Matisse.

The point is that every artist uses marks and the more you paint, the more you will find yourself developing a mark making style. Quite often, it is what you are most comfortable with and one that you practice most often. Over time, you will refine your marks – whatever they may be – and soon you will develop a style based on the marks you make.

 

Other Art Works

 

 

 

 

 

 

☟ Follow Me ☟

 

 

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||