先日投稿しました、カリグラフィーを習得するための基本書体の1つである、Roman Capital/ローマンキャピタルからインスパイアされたArtwork。

A4サイズで丁度プリントできるようにできました!!!(下記の画像は、まだダウンロードできません。)

先日の投稿はこちら → 

 

カリグラフィー ローマンキャピタル 書体 
Roman Capital Book Cover

 

 

文庫本サイズくらいのものであれば、ブックカバーとしてもお使いいただけます。それ以外でも、A4サイズいないであれば、ラッピングペーパーや、ぽち袋等の封筒とかにもつかえるかもしれません。
(それ用にデザインしていないので、思いがけない絵柄がでてくるとは思いますが。。)

 

カリグラフィー ローマンキャピタル 書体 
Roman Capital Book Cover

 

 

ご興味ある方で、iqatass ArtWork Labo.のサイトを利用する上でのルールが守れるよ〜!
という方は、ぜひ下方よりダウンロードしてみてください。

今回は、お試しということで、無料ダウンロード数が限定されております。定数に達した場合は、ダウンロードできませんので、ご了承ください。
パスワードは、ダウンロードする近くに書いてあります。

 

また、今回のブックカバーを使ってみたご感想や、こんな使い道をしましたよ~などをFBやブログ等でアップしていただける方、ぜひぜひお願いします☺

 

 

Roman Capital Download file
Roman Capital Book Cover

☝ 紙を色紙にしても雰囲気ががらりと変わって面白いかもしれませんね。

 

 

<<<<<<<<<<<  iqatass ArtWork Labo.のサイトを利用する上でのルール。>>>>>>>>>>>

 

iqatass ArtWork Labo.で提供しているダウンロード素材は、個人の非商用利用の範囲でお使いいただく場合に限り、ご自由にご利用いただけます。
(例えば。ご友人に送るプレゼントのラッピング等としての利用。/ ダウンロードしたお客様ご本人が、ペーパークラフトを作ってご家族でしむ場合など。)

 

 

|||| 下記の行為は絶対にNGで、お願いします。 ||||

◆ 商用として利用される場合は、いかなる場合の利用でもお断りさせていただいております。

◆ iqatass ArtWork Labo.の素材を加工し、配布・販売・レンタルする行為。

◆ iqatass ArtWork Labo.の素材をお客様のサイトなどで再配布する行為。

◆ iqatass ArtWork Labo.のアイデアを使って類似品を制作し商品として販売する行為。
  (例えば、オークションやハンドメイド商品の販売含む)のラッピング、タグ、台紙、袋、領収書、明細書、ショップカード、フライヤー、無料配布としてのおまけ、販売にかかわるディスプレイとしての利用。)

◆ 商用商品の撮影時の利用(商用として利用される場合は、素材を加工したとしてもお断りさせていただいております。)

◆ ブログやHPのデザインとしての利用。

◆ iqatass ArtWork Labo.に掲載または表示されているデータ・写真などの全部または一部をいかなる形式また手段によっても複製・改変・転用することを禁じます。

◆ iqatass ArtWork Labo.は、本サイトをご利用になったことにより、生じたいかなる損害についても責任を負いません。

◆ iqatass ArtWork Labo.は、公開されている情報の変更、削除、公開の中断、中止等を、原則として予告なしに行います。

 

 

 

 

 

↓↓↓ダウンロードはこちら↓↓↓

 
PW=2016
 
 

 

 

 

 

イロとコトバとラインでアートする
カリグラフィーアーティストのAkiデシタ!!
See You Soon  🙂

 

☟ Facebookならではの投稿もしています。ご興味ある方は、フォローしてみてくださいね!

|オトナのアート研究所|
iqatass ArtWork Labo. | イクァタスアートワークラボ.

>>>>>>>>> >>>>>>>>>> >>>>>>>>>> >>>>>>>>>> >>>>>>>>>> >>>>>>>>>> >>>>>>>>>> >
Thank you as Always…  Sending you beautiful creative spirits, and awesome inspirations!!!!!
>>>>>>>>> >>>>>>>>>> >>>>>>>>>> >>>>>>>>>> >>>>>>>>>> >>>>>>>>>> >>>>>>>>>> >

 

 


コメントを残す