<< Art Journal /アートジャーナル >> 

 

 

Art Journal /アートジャーナルとは…。

 

絵日記のようなもので、ジャーナル(記録すること)をアートとして表現したもの。ビジュアル(視覚的要素)と、ジャーナル(記録するためのコトバや文章)で、構成されている。 Art Journal(アートジャーナル)と言う場合と、Visual Journal(ビジュアルジャーナル)という場合があるが、内容は同じである。
以下こちらのサイトでは、アートジャーナルと称する。

アートジャーナルは、作りたいと思えば誰でも簡単に作ることができます。ただ、使う方によって、使う用途(意図)が違うということ。毎日のダイアリーのように使うこともできるし、人生のライフログのようにも使えるし、びっくりするような出来事が起こったときだけのアートジャーナルでもいいし。

 

 

Art Journal /アートジャーナルの作り方。

 

どのようなアート方法で制作していくかというと。
記憶の断片として残しておきたいもの、例えば、レシート、覧会や交通チケット、布切れ、ボタン、貝殻などを使ってコラージュをしたり、気になるイロを使ってペインティングしたり、、見ていて気になるカタチをドローイング(描く)したり、またはドゥードゥーリング(イタズラ描き/Doodling)したりして、その時に浮かぶキーワードとなるコトバやカタチを使って、ジャーナル(アートワーク)を自由に創り上げていくのです。

考えるのではなく、上記のようなアート技法を感覚的に組み合わせていくことで、予期していないテクスチャー(表面に質感をもたせる)となり、深みのあるレイヤー(層)が生まれたりします。

ページ構成する上で、ストーリーやテーマを持たせると、さらに深いジャーナルになっていきますが、ストーリーなどは、アートジャーナルを創ることに慣れてからでも遅くないので、最初のうちはキーワードを入れながら、コトバとビジュアルを繋げることに慣れていきます。 

もちろん、先にビジュアルだけを作っておいて、後に閃いた時にコトバを書き入れてもよいし、ラフスケッチをしたり、アイディアを書き(描き)留めるネタ帳やポートフォリオ的な使い方をしてもOKです。

でも、ただのメモ帳ではなく一応アートジャーナルなので、そこは少々こだわって、いつもよりは少しだけでもアーティスティックにしましょう。

 

 

Art Journal/アートジャーナルは、読み手を意識する必要はなし。

 

ジャーナルではあるが、物語や小説のように読み手に読んでもらうことを目的とはしていないので、読みやすさや可読性はまったく問われないし、書くコトバは自分さえがわかればいいので、暗号のように自分だけがわかるようにすることも出来る。わからないからこそ、見る側にしてみたら「何が書かれているのであろう」と興味をそそられるかもしれない。

ジャーナルではあるが、その日に完成させる必要もまったくない。

感覚的に手を動かしたくなったら、いつでも始められるし、反対に動きが止まったらいつでも終えることができる。 

 

 

Art Journal /アートジャーナルは、どんなカタチをしているのか?

 

形態としては、ジャーナルなので本のようになっていると、後に見返す時に見やすいでしょう。
しかし、これが絶対的ではなく、1枚ずつページを作り上げるような形態のジャーナルでもよい。数枚溜まったら箱に入れておくとか、クリップで留めるだけでもシンプルなジャーナルとなるし。作り手・作家・アーティストが、これはアートジャーナルとすれば、どんな形態であろうとアートジャーナルとなる。

アートジャーナルを創って、自分の思考をアートとして表現することにトライしてみましょう。

 

 

アートジャーナルワークショップへの参加者さんのワーク

Art Journal by シオタニモコ

 

 

 

 

  Art Journal   

 

 

  Art Journal: Optical Illusion 2017