Calligraphy /カリグラフィーとは…。

 

「美しい書物」という意味を持つ、ギリシャ語由来のカリグラフィー。
文字を美しくみせる技法。
 
古代ヨーロッパ発祥のカリグラフィーの歴史は古く、その歴史と共に人々の生活へ溶け込んできました。
現在では、カリグラフィーの技法をつかった看板やポスターなどヨーロッパ諸国の街中で見かけることが多いです。

 

どんな道具を使うの…。

 

万年筆のような、少々特殊なペン先で描いていいきます。

DIY工房 IZUMI オリジナルカリグラフィーペン軸つくり。
カリグラフィーのペン先
DIY工房 IZUMI オリジナルカリグラフィーペン軸つくり。
通常使用しているカリグラフィーペン軸

 

 

 

どんなものに描くの…。

 

紙のない古代では、羊皮紙といい、動物の皮を鞣したものに描いていました。現代では、主に水彩紙に描いていきます。

最近では、画材の発展とともに水彩紙以外にも木製パネルや木のブロック、布、キャンバス地、革など、さまざまな支持体が増えてきています。

紙へ描かなくてはいけないという絶対的なルールはありません。作りたい作風によって、支持体を変えることによって、伝えたいことが表現しやすくなることもあります。また、実験中に思いがけなく面白い効果を発見することもあるので、いろいろな支持体へトライしてみるのもいいかもしれません。

 

 

カリグラフィー作品。

※画像をクリックすると大きくなります。